menu

きれいになりたい!~敏感肌アラフィフ美容ブログ~

nikibi02

うちの長男は今大学生なんですが、中学生くらいから顔中ニキビで悩んでたんですね。

前にもそんな記事を書きましたが、今回はわたしのことを書きますね。

私はニキビで悩むほどではなかったけど、40代になってから大人ニキビ?吹き出物?があごのまわりや鼻の横なんかにすぐにできて困ってたんですよ・・・すぐですよ、すぐ(苦笑)

朝起きたら「あ~~これはニキビかぁぁ」っていうような、皮膚の奥深くからじんわり痛いというか、中のほうから痛い感じ。わかります?

鏡を見たら赤くもりあがってて明らかに大人ニキビ。

時間が経つにつれて赤いふくらみが白いニキビになってその周りがうっすら赤くなってるというか。

白ニキビは結構大きくて(直径1.2ミリくらいか。いやちゃんと計ったことはないですけど)触ると痛いんですがつぶしたくてつぶしたくてうずうずします。

つぶさないようにがんばるんですが、こらえ性のない私は結構つぶしてしまうという・・・そして跡になる(T_T)

というパターンを繰り返してました。

数年前、鼻のすぐ横にあったニキビがなかなか消えてくれなくて(ニキビから発生してふくらんだままずっと跡のように残ってた)それがもう半年くらいあって結構イヤだったんですよ。

nikibi01

この矢印のニキビ。ファンデーションしてるけど全然隠れません(T_T)

特に鼻のすぐ横のヤツは膨らんでるしすごい目立ってほんとに悩みだったんです・・・皮膚科に行こうかとか、マジで考えました。

でも、このニキビ跡をキレイにしてくれたのがビーグレンなんですね。

ビーグレンのニキビトライアルセットを購入して、クレイウォッシュとクレイローション、Cセラム美容液でお手入れしてみました。

そのときにできかけのニキビがあったんですが、2日目くらいにその部分を触った時に「あれ?ニキビが指にひっかからない」って感じて、新しくできかけてたニキビはそのまま消滅してしまったんですね。

「おお!なんか良い感じ♪」って思ってそのままトライアルセットは7日くらいでなくなったので、クレイウォッシュとCセラム美容液を買ってそのまま毎日ケアしていきました。

そしたら1ヶ月くらいたったときにはこの悩みだった二つのニキビ跡がほとんどわからないくらいにまで消えてたんです!

ちょっと小さい写真しかなくてわかりづらいと思いますが一応載せときますね↓(かれこれ4年くらい前の写真ですが)

sample2

「え~~!半年くらいずっと消えずに残ってた跡なのに、なんでこんなに効くん??」ってちょっと驚きでしたが、汚れやニキビ菌だけをキレイに取り去ってくれる「クレイ」ビタミンCがたっぷり贅沢に入ったCセラム美容液確実にお肌を修復してくれたようでした。

それまでそんなケアはしてこなかったので、私にはこのクレイとビタミンCのお手入れがすごく合ったんだと思います。

c_seramu

クレイウォッシュは使わなくて10TBローションをずっと使ってますが、クレイローションもすごく人気なのでニキビがすごく気になるのなら併用したほうがいいかもですね。

私はその後もずっとビーグレンのクレイウォッシュとCセラム美容液は使ってきてますが、あんなに頻繁に出てた大人ニキビがもう全然出てないです。

一番出やすい春先にも、ほんとに出ないんですよ。ありがたいことに、です。

クレイウォッシュとCセラムはビーグレン製品の中でも特に口コミが良いし効果を実感してる人もたくさんいるようですね。

ビーグレンのホームページに利用者の声の欄ができたので、いろんな人の声がありますが(クレイウォッシュは泡立たないので洗えてるかどうかわからないとかいった声もありましたが)圧倒的に気に入ってる人が多いですね。

実際使ってみて自分のニキビにも効いたのと、ほんとにニキビに悩まされることがなくなったのと、ひどかった息子のニキビ面もかなり解消されたのでうちは家族で使ってます。

クレイウォッシュは家族で使うとすぐなくなるのでセールで6~7本くらい買いだめしてます(苦笑)

craywash02

クレイウォッシュに入ってるクレイのモンモリロナイトっていう成分が毛穴の奥のほうまで入り込んで、いらない汚れや雑菌、ニキビ菌、古い角質などに吸着して、吸着したあと酸素を求めて毛穴から出ていくんですって。

そのときに保湿物質をお肌に残していってくれるっていうすごい成分なんですね。

ナチュラルメイクくらいの汚れならこれ一本で落としてくれますし、クレイ洗顔の威力はすごいなって思います。

そんなわけでビーグレンのニキビ対策プログラムはかなり良いと個人的には思ってます^^

ビーグレン公式ホームページ↓
ニキビ肌修復 バイオ基礎化粧品b.glen

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。