menu

きれいになりたい!~敏感肌アラフィフ美容ブログ~

敏感肌ファンデーションでカバー力はピカイチ!※リソウ「リペアファンデーション」

ripeafande01

敏感肌のことを考えて作られた医学誌にも紹介されてる優秀コスメ「リソウコーポレーション」の「リペア」シリーズ。

このリペアジェル(美容液)リペアリキッドファンデーションが、今年の5月にモンドセレクションで国際優秀品質賞を受賞したそうです!

(3年連続で金賞に輝いた商品のみに贈られるInternational High Quality Trophy 2015(国際優秀品質賞)を受賞したということです。)

また、リペアパウダーファンデーションが金賞を受賞してるんですって。

ripeafande00_01
※トライアルセットがリキッド(2色)、パウダー(2色)、それに仕上げ用パウダーと全部試せて50日分くらい使えるのですごいお得♪

リペアジェルは、水を1滴も使わずにすべて植物由来成分だけで作ったという年齢肌のための濃厚な美容液で、医学誌にも掲載されてるほどです。

リペアファンデーションはそのリペアジェルから作られたファンデーションなんですね。

このファンデーションも、日本橋エムズクリニックの宮田晃史先生監修によるリペアリキッドファンデーションの効果を検証した論文が医学誌「診療と新薬」に掲載されました。

そんなすごいリソウのリペアファンデーションってどんなものかと思いますよね。

普通のファンデーションは、そのつけ心地や仕上がり具合がどんなか?のほうに重点を置きがちですが、リソウのリペアファンデーションは、メイクオフしたあとのお肌のことまで考えて作られてるんですよ。

スキンケアで成分にこだわるなら、一日中顔につけているファンデでも同様に成分にしっかりこだわって欲しいということで、リソウが本当にお肌のことを考えて作ったファンデーションです。

天然由来の自然派化粧品って最近では珍しくないと思います。でもその実際は、天然成分をちょっとだけ含んでても「自然派化粧品」といえるので、ほんのちょっとしか天然成分を含んでなくても「自然派化粧品です」とうたってるファンデはいっぱいあるんですよ。

でもこのリソウリペアファンデーションは完全に、100%!天然由来成分です。

100%天然由来ファンデといえばミネラルファンデーションにもありますが、ミネラルファンデーションは油分が使われてないのでメイク落としがいらない分、汗や皮脂にも弱いので崩れやすいな~って感じるんです。

リペアファンデーションは美容液から作られたファンデーションでお肌に優しいうえに、お肌への密着もしっかりあるのでファンデの持ちが良いんですね。

リペアリキッドファンデはサラッサラのテクスチャで薄く伸ばすだけでナチュラルに薄付きメイクもできますし、少し重ね塗りすることでカバー力が出てしっかりメイクもできてしまいます。

完全に天然成分で作られている都合で、色が2色しかないというのがデメリットでもあるんですが、この2色をうまく組み合わせてその日の顔の色に合わせたファンデを作って使ってる人もいるので、考えようによってはいろんな色使いができる優秀なファンデかなって思います。

ripeafande02

ripeafande03

ちょっとわかりにくいですがピンクとイエローの色の違いはこんな感じです。

前の記事ではイエローを使ってみたので、今回はピンクオークルのほうを使ってレビューします。

リペアリキッドファンデーション(ピンク)+仕上げ用パウダーの場合

まずはすっぴんからです。


ripeafande04

リペアリキッドファンデーションを塗ってみたところ↓

ripeafande05

これに仕上げ用パウダーをつけたのがコレ↓

ripeafande06

リペアリキッドファンデがサラっとしてるのでほんとによく伸びますし、気になる部分には少し重ねて塗るとそれだけでカバー力があります。

が、さらに仕上げ用パウダーを重ねるとお肌がふんわりとした印象になってより表面がなめらかになりますね。

ほんとに軽いのでファンデ塗りましたっていう感じがしないです。塗ったあとメイクオフしたお肌も疲れを感じません。

化粧下地をベースに、リペアリキッドファンデと仕上げ用パウダーを使った場合

今度は、化粧下地(ビーグレンのヌーディーヴェール)をベースに使ってみました。

ヌーディーヴェールを塗ってからリペアリキッドファンデを塗って仕上げ用パウダーで仕上げたのがコレ↓

ripeafande10

やっぱり化粧下地(私の場合はヌーディーヴェール)を薄くつけてからファンデするほうがカバー力もよりアップしますし毛穴もしっかりカバーできてお肌がめちゃキレイに見えます!

ヌーディーヴェールを塗ったあとにリペアリキッドファンデをつけてもお肌に軽いという感じは変わりません。鏡を見ながらニンマリしてしまいます(笑)

リペアリキッドファンデーションにリペアパウダーファンデーションを重ねた場合

今度は、下地を使わず、リペアリキッドファンデの上に、仕上げ用パウダーではなくてリペアパウダーファンデーションを重ねて塗ってみました↓

ripeafande15

仕上げ用パウダーで仕上げるよりも、リペアパウダーファンデーションでしあげると、シミや毛穴がかなり隠れてだいぶマットに仕上げることができます。

しっかりメイクをしたいときはこのパターンが良いかもですね。

それぞれのお肌をアップして比較!仕上がりはどれが一番キレイ?

それぞれをアップしたものを比較してみると・・・・

ripeafande11

大きくしてみるとわかりやすいと思うんですが、お肌の表面をアップしてみると、一番キレイなのは化粧下地(ヌーディーヴェール)を塗った上からリキッドと仕上げ用パウダーをした分ですね。

ヌーディーヴェールは毛穴をしっかりカバーしてくれてそれだけでもお肌表面をツルツルにしてキレイにしてくれる化粧下地なので、やっぱりこれを塗ってからのほうがファンデもキレイにのりますし、仕上がりがキレイです^^

シミを隠すだけならリペアリキッドファンデに、仕上げ用パウダーではなくてリペアパウダーファンデーションを塗るほうがかなりカバー力がアップします。

私が気に入ったのはヌーディーヴェール+リペアリキッドファンデ。

リキッドを塗ったあとの自然なツヤ感が好きなので、仕上げ用のパウダーはいらないかも↓

ripeafande09写真ではわかりづらいと思いますが(すみませんっ)

お肌への優しさ+自然なナチュラルメイクの仕上がり、メイクを落としたあとのお肌の状態まで、リペアリキッドファンデーションは花○です!

乾燥の気になるお年頃ですが、保湿力も問題なしですね。これだけじゃ心もとないけど、スキンケアでしっかり保湿をしておけば、リペアリキッドファンデを上から塗っても一日中お肌がしっとりしてます。

リペアファンデーションは、美容液リキッドファンデの中でもカバー力は抜群です。

いろいろレビューしてますが、私の中ではクリアエステヴェールと並んでおすすめ1位のファンデーションです^^

どっちかというと、敏感肌が強めでよりお肌に優しいファンデを求める人には、こちらのリソウリペアファンデーションがおすすめですね。

これ使ってるとほんとにお肌が負担を感じないし、長時間つけてても疲れません。持ちが良いのであまり化粧直しに気を取られなくてもすみます^^化粧直しが少なくて済む分お肌への負担も少なくて済みますし。

メイクオフしたあともお肌に疲れを感じないのがとってもお気に入りです。

リソウリペアファンデーション【公式ホームページ】↓
【リペアファンデーション】ヘアメイクアーティスト風間義則さん推薦!

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。