menu

きれいになりたい!~敏感肌アラフィフ美容ブログ~

ビーグレン Cセラム美容液はビタミンCたっぷりの優秀美容液

c_seramu

ビーグレンのサマーBIGセールがはじまってますね^^

私はお得意さんなのですでにセールの二日前にシークレットセールで購入しました。

今回もいつもと同じくらいの6万円分くらい(半年分)買ったのでポイントもいっぱいつきましたよ♪(シークレットセールではポイントが2倍になるんです。なのでかなりお得ですね)

今回の2万円以上お買い上げのプレゼントはシークレットセールでの特権でマックス5個までもらえるんですが、5個ゲットしました(笑)

これほんとに驚きのパウダーです!後日レビューしますねっ

で、

今回はビーグレンの中でもずっと昔から人気の「Cセラム美容液」についてお話しますね。

ビタミンC誘導体じゃない、ピュアビタミンCが入った美容液

ビーグレンのCセラム美容液は「ピュアビタミンC」の入った美容液です。

一般的には「ビタミンC誘導体」が入った美容液が多いですね。

ビタミンCは強力な抗酸化作用があって、活性酸素を除去して老化を防いでくれたり、ニキビの炎症を抑えたり、シミの原因になるメラニンの生成を抑えたり、コラーゲンを作る手助けをしてニキビ跡ができにくくなるようにしたりなど、良いことづくめなんですね。

ですがビタミンCは水溶性なんです。ということは人の、皮脂で覆われたお肌に通らないじゃないですか。そこで、ビタミンCをなんとか人のお肌に吸収できないかということで、ビタミンC誘導体が作られたんです。

が、ビタミンC誘導体自体に含まれるビタミンCはごくわずかで、150分の1くらいだそうです。

かといって高濃度のビタミンC誘導体もありますが、そうなると今度はお肌への刺激が多くなって、ヒリヒリしたりして使えない人も出てくるそう。

Cセラム美容液はビーグレンの浸透技術を使っているのでビタミンC誘導体にする必要がなく、そのままのピュアビタミンをほかの美容成分と一緒にQuSome(キューソーム)カプセルに閉じ込めるので、お肌の奥までビタミンCを届けることができるんです。

ビタミンC誘導体よりもはるかに濃度が高いビタミンCを直接お肌の奥まで届けるので、ビタミンCの威力が大いに発揮できてさっき言ったような効果が出るんです。

でもビタミンCは刺激が強いので化粧品に配合する濃度は7.5%ということですが、そんな少ない濃度でもしっかり角質の奥まで届けられるので、ビタミンCの効果が発揮できるんです。

Cセラムを実際に使ってみた肌への効果は?

わたしも実際にこのCセラムを使ってみて、肌のくすみが取れてニキビがほんとにできにくくなりました

使用感は好みがわかれるかもしれませんが、少しトロっとしていてオイリーっぽく、匂いも無機質な、あまり良い匂いではありません。

肌につけるとじわっと温感を感じるんですが、それはCセラムのビタミンCがお肌に浸透した証拠なんだそうです。

お肌にのばしていくとそのうちになじんできますが、なじみ方の感じ方も人それぞれで、わたしの肌には結構なじみやすいみたいで使いやすいです。(乾燥肌で敏感肌です)

敏感肌ですが今までCセラムで肌に炎症がおこったことはありません。

とにかく、肌が明るくなり、ニキビができにくくなったのはこのCセラム(クレイウォッシュのおかげもあるかもですが)のおかげです^^

大人ニキビって急にポツっとできて大きくなって、跡が残ったりするじゃないですか?あれがすごくイヤだったんですけど、それに悩まされることがほんとになくなりました。

この下の写真も、長いこと消えずにちょっと膨らんだ状態で残ってたニキビ跡。ファンデを塗ってもまったく隠れずホントに悩んでました↓

nikibi01

 

sample2

その長いこと消えなかったニキビ跡が、Cセラムを使いだして1ヶ月、上の右側の写真のようにニキビ跡はほとんど目立たなくなりました。

もともとニキビができやすい体質の人が使ってもかなり効果が期待できるということですよ。

Cセラム美容液は、なんと資生堂クレドポーボーテの美容液を抜いて9位にランクイン!

Cセラムはネット通販のみの美容液ですが、「@cosmeクチコミランキング 2015年保存版 (e-MOOK)」っていうムック本の中で、他のデパートで売ってる知名度の高い美容液たちと並んで、しかもなんと資生堂のクレドポー・ボーテの人気美容液を抜いて9位にランクインしてるんです!

cseramu

それってほんとすごいことだと思います^^

だって口コミでしか広まってない美容液ですからね。Cセラム美容液は。

それだけ、使ったことのある人はどんなに素晴らしいかわかってるっていうことだと思いますよ^^

 

ビーグレンCセラム美容液【公式ページ】→

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。