menu

きれいになりたい!~敏感肌アラフィフ美容ブログ~

ラメラ構造について調べてみた。美肌のためにはやっぱり「保湿」なのね。


突然ですが、

お肌ってほんの少しの摩擦にも弱いんですよね。今更ですが。

そういうのってよく聞くし、知ってはいるけど、じゃぁ日常生活の中でどれくらい意識できてるかというと、なかなか忘れがちになってる場合が多いみたい。

洗顔したり、メイクしたり、汗をタオルで拭ったりなどなどで知らないうちにかなりの刺激をお肌に与えてしまってるわけで。

でも摩擦だけじゃなくて、他にも気を付けないといけない点があるんですね。

ラメラ構造のことを調べてたんですよ。ラメラテクノロジーの化粧品とか最近よく出てるので、ちょっとね。ネットでいろいろ検索してね。

そこでいろんな情報を目にしたんですが、あらためてお肌にとって何を一番に考えないといけないかっていうのを勉強しました。

ラメラ構造ってなに?

お肌の一番外側、表面は角層(角質層)になります。

その角層はわずか0.02ミリの薄さなんですね。ラップ1枚分くらいの厚み。

その0.02ミリの厚みの中に、角質細胞と、角質細胞間脂質とが重なってます。

kakusou

たとえれば、レンガとレンガの間を埋めるセメントの関係です。レンガが角質細胞で、セメントが角質細胞間脂質です(上の図)。

さらに、セメントにあたる角質細胞間脂質は、水の層と脂質(セラミドなど)の層がミルフィーユ状に重なってできてます。

これが「ラメラ構造」っていうんですね。

ramera_kozo

セラミドはあくまで細胞間脂質の中の脂質部分に一部(50%ほど)含まれてるものであって、その脂質の層と水の層とがバランスよくきちんと積み重なって層を作っていることがお肌を美しく強くしなやかに保つのにとっても重要なわけです。
セラミドが水分を保持するっていうのはそういう形のことなんですね。

ラメラ構造がきちんと作られてるかどうかが美肌をつくるにあたってとても大切ってことなんですね。

ラメラ構造は簡単に壊れてしまう

でも敏感肌とか乾燥肌とかは、脂質であるセラミドが少なすぎたりそれ以外の天然保湿因子も減ってしまってるせいで水分を抱え込めず、ラメラ構造が普通よりもかなり薄くなってたりキレイに層になってなかったりで崩れてしまってるので、バリア機能が働かなくなって刺激を受けやすくなったりして肌が荒れる原因になってしまいます。

でも健康なラメラ構造を持った肌でも、気を付けてないと簡単に壊されてしまうんですよ。

ラメラ構造が壊れる理由その1 ~水浸しが続くとまずい~

水浸し(とか汗を拭わずそのままの状態が続いたり)にすることで、お肌を覆ってる皮脂膜が解けて流されてしまって、内側まで水(汗)に浸されてしまいラメラ構造が崩れてしまいます。

ラメラ構造が壊れる理由その2 ~温度が高いとまずい~

温度が高いと皮脂膜が溶けてしまって内側の脂質も溶け出すので、そうなると水が流されてしまってラメラ構造崩壊ってなことになってしまいます。

温度が高いっていうのは、熱いお湯で顔を洗ったり熱いお風呂に長く入ってたりっていうことですね。

ちなみに40度くらいからもう皮脂や脂質を溶かし出してしまうそうです。

お風呂も長風呂が好きなら38度くらいのお湯につかってねってことですね。

ラメラ構造が壊れる理由その3 ~摩擦など物理的な力に弱い~

やっぱこれですね。摩擦。お肌への物理的な刺激。

たとえば洗顔のとき力を入れてゴシゴシしたり、
タオルでゴシゴシ拭いたり、
メイクのときにファンデをパフやスポンジでこするように伸ばしたり、
化粧水を使うときコットンにとってこするようにつけたり、
あぶら取り紙で必要以上に油分を取ったり、、

ファンデーション01

あと、かゆいからとゴシゴシ掻いたり、長いことほおづえついてたり。

力加減にもよるけど、摩擦でラメラ構造はかんたんに壊れてしまうので(なんせ角質層はたった0.02ミリの薄さですからね)ちゃんと気を付けないといけないところです。

私の場合はアレルギーで目をこすったりすることが多くて(気をつけてはいるんですがついついやっちゃうときがある)、目の周りはやっぱくすんでますもん^^;

あと眼鏡も重いのをかけてると鼻の付け根部分に眼鏡のあとがついちゃって、それもお肌を傷めてしまってることに。。。シミになっちゃうとかね。

ラメラ構造を回復させるには「保湿」

ラメラ構造ってそんな感じでとても壊れやすい繊細なものなんですね。

なので普段から上に書いたようなことに気を付けて生活することはとても大事なんですが、壊れてしまったラメラ構造は修復できるのかというと、ほおっておいても何も修復されません。

壊れた皮脂膜はまた自動的に(皮脂分泌によって)もとに戻るけど、ラメラ構造は自動的に修復されないんです。

なので、修復するために行動しないといけないんですね。

何をするかっていうのはやっぱり「保湿」。

女性_顔03

きちんと保湿成分を見極めて、本当に保湿効果があるものを使って丁寧にケアすることです。

ラメラ構造が壊れるには、脂質のセラミドが激減してることが大きな要因になってるので、まずはセラミドをしっかり補うこと。

あとは最近ではラメラテクノロジーを使った化粧品が売られてますね。

美容液とかクリームなどは、お肌に必要な水と脂質を乳化させて作られてるんですが

ラメラテクノロジーっていうのは、さっきのラメラ構造と同じように、脂質と水分が層になるように乳化させる技術のことです。

が、一般的には粒子状に乳化されてるんですね。

それよりは、お肌のラメラ構造に近い層状に乳化させたもののほうが、よりお肌に浸透しやすく保湿の持続時間も長くなるんですって。

それがかなりの美肌効果になるってことで、ラメラテクノロジーがすごい注目されてて、各社が開発しては特許取ってるんですねぇ。

そんなラメラテクノロジーを使用した化粧品に興味を持った私です。

なので今、そのラメラテクノロジーが採用されたオールインワン美容液を使ってみてます。

かなり最近販売されたものでまだあんまり使用者がいないみたいなのでアットコスメでも出てこないですが。。。

その体験レビューは次の記事にまた書きますね^^

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。